メニエール病の原因を知る|予防対策でヘルスケア

ガン療法の新たな選択肢

窓

新しい選択肢として注目

現時点で確定されていて一般に行われているガンのケアは大きく3つ存在しています。まず第一にガン細胞が生じた臓器をダイレクトに切除してしまう外科的療法になります。次はガン細胞そのものに放射線を照射してガンの進行もしくは病気の状況をコントロールする放射線を使用した治療です。それから投薬の手段でガンの進行、そして病気の状態を食い止める化学療法になります。ガン治療は主としてこれらのメソッドが症状の重大性や展開状況に対処するため選択、あるいは同時利用されます。加えてこれに続いていく候補として注視されているのが免疫療法という治療の方法になります。元から持ち合わせている免疫の能力を活用して行う治療の仕方です。

総合的な治療が重要です

免疫療法のガンに対するケアには身体の内側のガン細胞限定で照準を合わせてアタックする特異的免疫療法という治療の方法と病を患っている方の免疫を上昇させてご自身の抗腫瘍の効果を促進する非特異的免疫療法が存在します。特異的免疫療法については身体的免疫の能力を活用した言ってみればワクチン療法という捉え方もあります。しかしながら現在のところこうした免疫療法だけを活用してガンを完全に治療することは困難であると考えられています。その結果、いろいろな免疫療法を並行して行うケースや、すでにあるガンに対する治療の方法である外科的手術であるとか抗ガン剤による治療などと組み合わせて取り組む事が実用的であり、高水準の治療効果が見込めると評されています。