メニエール病の原因を知る|予防対策でヘルスケア

血管が詰まる病気

看護師

前兆症状がある事が多い

冠動脈に血栓が詰まることにより、血液が心筋に届かなくなった状態の事を「心筋梗塞」と言います。発症から3日もしくは2週間以内の場合を「急性心筋梗塞」、30日以上が経過している場合と「陳旧性心筋梗塞」と言います。陳旧性心筋梗塞は、心筋が壊死した状態であり、症状は安定していますが、慢性心不全のリスクが通常よりも高い状態ですので、注意が必要となります。心筋梗塞ではその前兆として狭心症状というものがあります。特に不安定狭心症と呼ばれる症状がある場合には、それから2週間以内には心筋梗塞を発症する可能性が高いと言われています。胸の痛みや呼吸困難、吐き気、冷や汗、背中や肩の痛みなどの症状が前兆症状と言えます。

予防は早めに始めよう

安静にしているにも関わらず、30分以上胸に痛みを感じるという場合には、急性心筋梗塞である可能性がありますので、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行し、血栓が出来てしまうことにあります。動脈硬化の原因は、食生活や日頃の生活習慣、ストレスなど様々です。ただし、年齢を重ねるとともに進行する老化現象の一つであるということも出来ます。すぐに症状があらわれるということもありませんが、予防対策をしたとしてもすぐに効果があらわれるというものでもありませんので、予防を行う場合には若いうちから行う必要があります。栄養の偏った食事や喫煙、運動不足などがある場合には出来るところから改善するようにしましょう。